喘息の原因や予防対策情報

喘息の症状が出たらすぐに病院へ

喘息でも小発作の時には、まず最初はその場で病院で処方されている発作薬を使用して、とにかく安静にしておくことが最も基本的なこととなります。

 

まず最初は、短時間作用型β2刺激薬と呼ばれているものを吸入していきましょう。万が一吸入薬が用意されていないのでしたら、内服薬でも問題ありませんので必ず服用をするようにしてください。

 

薬を飲み終わったら、15〜30分程度は様子を見るようにしてください。この段階において症状が改善されましたら、そのまま自宅において様子をみても問題ありません。必要に応じまして、薬を使用するようにしてください。

 

もし変化がほとんど見られない場合には、再びβ2刺激薬を使用しましょう。その時には、医師から指示された服用回数は守るようにしてください。

 

万が一症状がさらに悪化してしまった場合には、病院にて治療を受ける必要があります。成人の場合には、経口ステロイド薬を飲んでから受診を行い、小児以下の場合には、30分おきにβ2刺激薬を吸入してから受診に行くようにしましょう。

 

子供の場合、急激に症状が悪化してしまうことがあります。全く症状が改善されない場合、また薬が少なくなってきてしまった場合には、すぐに医療機関へ受診をするようにしてください。

 

■中発作と大発作

 

中発作の場合でも同様に、まず最初は自宅にて安静にして、薬を使用しながら様子を見ます。まず最初はβ2刺激薬を吸入して、発作が30分以内に改善することが出来れば、自宅でそのまま様子をみていきましょう。

 

しかし中発作の場合には、急激に症状が悪化してしまうことがあります。症状に変化が見られない時、また逆に悪化してしまった場合には、迷わずかかりつけの病院へ行くか、救急外来などを受診するようにしましょう。

 

薬の効果がなかなか出てこないからと言って、何度も使用を繰り返してしまいますと、さらに重い症状である大発作を引き起こしてしまうことがあります。

 

病院におきましては、まずは簡単な問診を受け、ピークフロー値の測定や血液ガス検査、そして必要に応じまして心電図検査などが行われることとなります。

 

もし発作の程度が判明したら、ネブライザーを使用して気管支拡張薬の吸入を開始することとなります。

 

これらの処置でも発作が改善されない場合におきましては、ステロイド薬の静脈点滴や鼻からの酸素吸入などで治療をします。大発作というのは、一刻を争う事態です。発作が起きたら躊躇わずすぐに行動をするようにしてください。