喘息の原因や予防対策情報

大人の喘息治療は早めに

喘息の正式名というのは「気管支喘息」と言います。この名称が付けられたのは、気道が炎症を引き起こしてしまうことであり、喘息は呼吸に支障をきたしてしまうという病気です。

 

喘息の患者数については、近年になって爆発的に増加傾向にあり、日本におきましては400万人以上の患者がいるとも言われています。気道に関係してくる疾患というのは、その他にも、アレルギー性鼻炎やちくのう症、がん、肺炎などといった病気を挙げることが出来ますが、気管支喘息だけを見ても全体の3割程度を占めているといった報告があります。

 

このことからわかるように喘息の患者数は非常に多く、悩まされてしまっている方が多いということになるワケです。

 

喘息がこれほどまでに増えてきてしまった要因の一つとして、現代人の生活環境の変化が挙げられます。工場から発生する排煙や車の排気ガスというのは、呼吸器に直接的に影響を与えてしまうことになり、食品添加物や住宅建材に使われている化学物質に関してもアレルギー性の喘息が増加してきた要因と言えます。

 

またタバコを日常的に吸っている人に関しても、呼吸器に対して大きなリスクを背負っていることとなります。タバコを吸っている人というのは、職場でのストレス解消にしているといった方も多くいらっしゃいますが、過労やストレスについても体に良くない影響を与えてしまっているのです。

 

■喘息の症状

 

喘息と聞きますと、主に子供が発症させる病気だというイメージを持っているかもしれませんが、実際のところ、患者数自体というのは20歳以上の大人の方が多い傾向にあります。

 

さらに大人になって初めて喘息を引き起こしてしまったといったケースもかなり多くなっているのです。中には子供の頃にかかった小児喘息が再発してしまう場合も考えられます。

 

喘息の主な症状としましては、激しい咳や粘性が高い痰、胸の息苦しさなどといったものが挙げられます。中でも「喘鳴(ぜんめい)」と呼ばれているものは、息をする度に喉や胸から「ゼイゼイ」と音を立てているのが大きな特徴となります。

 

特徴的な症状でしたら、自分は喘息であると自覚症状で把握することが出来ますが、中には痰だけ出たり、胸の痛みや息切れ、息苦しさだけなどといった症状もあり、自分でもどのような病気なのかわかっていないケースもあります。

 

喘息を発症しているのに、ただの風邪と判断してしまっている人もいますし、中高年の方においては年齢の影響だと決めつけてしまっている人もいます。

 

早めの受診をしないでそのまま放っておいてしまうと、症状が進行してしまいさらに悪化してしまうこととなりますので、どのような場合が喘息であるのかをまずは確認しておくようにしましょう。