喘息の原因や予防対策情報

喘息で見られる症状

喘息の症状についてですが、主にとして咳や呼吸困難、痰、胸痛、息切れなどといった症状を挙げることが出来ます。他にも、喘鳴というのが喘息の症状の一つに存在します。

 

この喘鳴というのは、「ヒューヒュー」「ゼーゼー」などと音が鳴ってしまう症状が呼吸をしている時に胸や気管支周辺で出てきてしまい、このような症状は気管支が狭まることによって引き起こしてしまいます。

 

これらは喘息の一般的な症状であることは間違いありませんが、それと同時に、喘息の初期症状としても知られています。喘息の症状の重さや特徴には個々により微妙な違いがあるのですが、多くの場合、発作を起こしてしまった時には、大変辛い症状が現れてしまい、呼吸をすることが出来ずに気絶してしまうといったこともあります。

 

主に喘息の症状というのは、個人差はありますが、一般的には夜中から朝方にかけて発生してしまうことが多くなっており、就寝時に少し息苦しさを感じて、本格的な発作にそのまま移るということが多い傾向にあります。

 

さらに気管支や気道に対して、タバコの煙や花粉、またハウスダストなどといった刺激のある物質が付着してしまった時にも、発作を引き起こしやすくなっています。

 

その他にも季節の変わり目や冷たい空気の時、体調を崩してしまっている時などにも注意をする必要があります。

 

■喘息だと認識できていない方

 

先述したように、喘息の症状におきましては個人差が大きいといった特徴があります。症状が咳だけのこともありますし、息苦しさだけといったケースもあります。中には複数の症状が一度に現れてしまうようなケースもあります。

 

複数の症状が咳や痰、呼吸困難など現れた際には喘息であると発覚しやすいのですが、咳や息苦しさだけといった症状だけの場合には、ただ風邪が長引いてしまっている、加齢による症状と思ってしまうこともあるでしょう。

 

このことから、実際には喘息なのにも関わらず、喘息だというこを認識することの出来ていない方も相当数いらっしゃると考えられています。

 

また、喘息の症状というのは、風邪と同じように常に発生してしまっているワケではなく、主として発作を引き起こした時に現れるものとなります。

 

発作が起きていない時には、症状が全く無いといったケースも多く、普通に普段の生活を送ることが出来ます。とにかく発作が起こってしまった際には、すぐに病院から処方された発作治療薬を服用して身体を安静にするようにしてください。