喘息の原因や予防対策情報

咳喘息という喘息の種類

気管支喘息は聞いたことがあるかと思いますが、その他にも「咳喘息(せき喘息)」と呼ばれている言葉を聞いたことがあるでしょうか?この咳喘息というのは、特にアレルギー体質を抱えている女性に多いと言われている喘息の一つとなります。

 

そもそも咳喘息というのは「発作を伴うことの無い咳や呼吸困難」ということを主な症状としているものであり、いわゆる一般的な喘息(気管支喘息)の前段階の症状として位置づけられています。

 

確かに気管支喘息ほど症状が酷くなることはありませんが、気道が過敏になってしまっている状態ですので、なんらかの炎症も引き起こしてしまっている状態となります。

 

実際のところ確定診断が困難な病気でもあり、原因についてもさまざまに考えることの出来るもので、しかも治療法についても分かれてくることになりますので、治療をする時には、長い間根気よく続けていかなければいけません。

 

最近になって咳喘息が非常に増えてきており、咳喘息を抱えている約3割程度の人が、そのまま気管支喘息に移行してしまうとも言われています。

 

例えば風邪が治った後にも、そのまま咳が続いてしまい、いつまで経っても止まらない場合や、咳が夜中に続いてなかなか眠ることの出来ない、といった方は、咳喘息を疑うべきかもしれません。

 

■慢性閉塞性肺疾患と喘息

 

また風邪だけに限ったことではなく、アレルギー体質の人などでも、咳喘息を引き起こしてしまう場合があります。また40歳以降の長期的な喫煙者で咳が長く続いてしまい、咳止めを飲んだとしても止まらないような時には、咳喘息だけではなく「慢性閉塞性肺疾患(COPD)」を発症させてしまっている可能性があります。

 

慢性閉塞性肺疾患(COPD)というのは、喫煙が主な原因となり、肺の炎症によって機能低下、また呼吸困難を症状としている病気となります。

 

もし喘息と合併してしまいますと、肺炎を併発してしまうリスクが高まることから、禁煙はもちろんのこと、投薬治療をしなければいけません。

 

咳喘息の治療についてですが、気管支拡張薬により咳の状態を改善した後に、診断に応じ、吸入ステロイド薬や抗アレルギー剤などを処方するのが一般的な治療方法となります。

 

 

ここで注意しなければいけないのが、薬を使用することによって咳が収まったとしても、その後3ヶ月程度は治療を継続しなければいけないということです。

 

どんなに咳が収まったとしても、実際には完治していないケースが多くなっているのです。自己判断で治療を止めずにきちんと続けていくようにしましょう。