喘息の原因や予防対策情報

喘息治療で吸入ステロイド薬

喘息の治療をする際には、よく「吸入ステロイド薬」が使用されることとなります。この吸入ステロイド薬というのは、非常に強力な抗炎症作用を持っており、気道の炎症をきちんと抑制させることによって根本的なところから治療をしていくことができます。

 

喘息の薬には吸入タイプだけではなく、その他にも服用して使うものも今ではありますが、発作を防ぐという目的でしたら、吸入タイプの方がより優れた効果を期待することが出来ます。

 

吸入ステロイド薬の治療を始めて、その効果があらわれるようになるまでの期間というのは、概ね1週間程度となります。すぐに効果を得ることが出来るというワケではなく、時間をかけることによって、ゆっくりと炎症を抑えていく治療方法となります。

 

また、その効果を持続させるためには、薬を長い期間使用し続けなければいけません。

 

吸入方法に関しても、間違った使い方をしても効果を得ることは出来ません。正しい吸入法というのは、いつも受診しているかかりつけの医師に指導してもらうことが大切です。

 

ステロイド薬を使用する方が最も心配してしまうことと言えば、全身性の副作用なのではないでしょうか。副作用に恐怖を感じてステロイド薬を使用するのを、ためらっている方もかなり多くいらっしゃいます。

 

■吸入ステロイド薬の副作用

 

しかし、吸入ステロイド薬におきましては、使用する量もほんの僅かとなっており、肺のみに直接作用することとなりますので、全身への副作用というのは最小限にとどめることが出来るのです。

 

主な副作用としましては

 

? のどの痛み
? 声枯れ
? 咳
? 口のなかの違和感

 

などといった症状を挙げることが出来ます。しかしこれらは、吸入をした後のうがいの徹底などをきちんと行うことによって予防することが出来るでしょう。

 

そんな吸入ステロイド薬を使用していない人の気道の状態というのは、粘膜や筋肉がむくんでしまっており、炎症細胞の浸潤が増えてしまっています。さらに気道に関しても不安定になってしまっており、ほんの少しの刺激を与えるだけでも発作を繰り返してしまいます。

 

副作用が心配で吸入ステロイド薬を使用しなければ、発作が起こりやすくなるだけではなく、より危険な状態に陥ってしまうこともありますので、毎日忘れることなく吸入をするようにしてください。