喘息の原因や予防対策情報

花粉症喘息には薬物療法

喘息の患者さんというのは、アレルギー性の病気を発症させやすいといった特徴があります。アレルギー性の病気のなかでも特に多くなっているのが、「アレルギー性鼻炎」となります。実際に喘息の患者さんの中の半数以上にこの症状が見られます。

 

喘息においては、気管や気管支の粘膜に対して炎症を引き起こしてしまうこととなりますが、アレルギー性鼻炎の場合には、鼻腔や咽頭(のど)などの粘膜に対して炎症が起こります。

 

治療をするためには薬物療法が行われることとなります。喘息とアレルギー性鼻炎が、同時期に引き起こってしまうとは限らず、どちらか一方の症状のみが出てしまっている場合もあります。

 

そして花粉症喘息というのは、花粉症が原因となって発作を誘発してしまう喘息の一つとなります。花粉症に関しても日本人に多い病気として知られており、スギやヒノキなどといった植物の花粉によるアレルギーであり、鼻水や鼻づまり、目のかゆみなどといった症状が多く見られます。

 

もし花粉症喘息と診断されたら、喘息の治療はもちろんのことですが、その他にも花粉を生活環境から遠ざける努力をする必要になってきます。市販されている花粉症対策アイテムや空気清浄機などを使用して、出来る限り花粉と接触することの無いような生活を心掛けしましょう。

 

■花粉症喘息の症状と注意事項

 

外出をする時にはマスクやサングラスで防ぎ、衣服も花粉が付きにくいような素材で出来ているタイプを選ぶことも非常に大切なこととなります。

 

とにかく症状を抑えたいと考えているのでしたら、花粉が飛び始めてくる春先より以前に、抗アレルギー薬などを服用することによって効果を期待することが出来ます。喘息を患っている人が体に無理をさせてしまいますと、息切れ症候群を引き起こしてしまうことがあるのでご注意ください。

 

症状についてもさまざま挙げることが出来ます。

 

? 動悸を感じる
? 背中が痛くなる
? 頭がぼーっとする
? 疲れやすくなる
? 思考力が低下する

 

上記のようなことが見られることもあります。このような症状はちょうど酸欠状態の症状と一致している傾向にあり、安静にして酸素吸入を行うことによって、症状というのは改善されます。

 

仕事やプライベートなどで無理に体に負担をかけてしまうようなことは良くありません。気になるような症状が出始めたら、とにかく早めに医療機関を受診することが大切であり、そのまま放っておくことの無いようにしてください。