喘息の原因や予防対策情報

死亡例もある喘息発作の症状

喘息が原因となって亡くなってしまう方というのは、日本においては年間2000人以上いると言われています。この数字は先進国の中でも比較的多い方の人数となっており、喘息に対する理解がまだ遅れているということを示しているのではないでしょうか?

 

しかし、入院を余儀なくされるほどの重症なケースや亡くなってしまうケースというのは、最近では徐々にに減少してきています。これは、喘息の治療というのが、発作を鎮める方法となりますので、発作を起こさせないようにするために治療法を移行してきたことによるものと考えることが出来ます。

 

喘息によって命を失ってしまうというのは、主として重い発作で窒息してしまったというケースとなります。年齢別に見てみますと、その多くが成人であり、9割以上は高齢者となります。子供が喘息によって亡くなってしまうというのはごく僅かなのです。

 

ここで重要なこととなるのが、日常からの治療を疎かにしないことです。症状が軽かったとしても、薬を正しく服用して何か少しでも変化があれば、すぐに受診するようにしてください。

 

喘息で重い発作を引き起こしてしまう人には、いくつかの共通点というのがあります。喘息を甘くみることなくきちんと治療を怠らないことが大切なのです。

 

■重い症状を引き起こす共通点

 

・忙しくて病院には行ってられないという方
仕事や学校などを優先し過ぎてしまい、無理を続けてしまうと、突然の発作を起こしてしまうことが頻繁にあります。積極的に空いた時間を見つけるようにして、とにかく早めに病院に行くようにしてください。

 

・症状も軽いし、そのまま放置しておいても問題無いだろう考えている方
喘息というのは、そのまま放置しておいたとしても良くなるということは絶対にありえません。症状が軽い段階で治療を行わなければ、気道の炎症が進行してしまうことになります。その結果、どんどん悪化してしまうことになり、日常生活に支障を与えてしまいます。

 

・薬を服用しているから平気だという方
発作が起きてしまっている時のみ薬を使って抑えるといった方法では、根本的な治療にはなっていません。薬だけに頼ることなく、発作を予防することの出来る治療をすることが大切です。
また、自己判断によって薬を増やしたり減らしたりするようなことは止めましょう。思わぬ副作用によって、その他の症状が生じてしまう場合があります。

 

・通院は調子が良くなったから止めようと考えている方
少し改善されたからと言いましても、すぐにその段階で通院を止めてしまってはいけません。最終的には医師の判断を聞くようにしてください。