喘息の原因や予防対策情報

喘息に関する様々なお役立ち情報をお届け

この度は当サイト「喘息の原因や予防対策情報」にご訪問いただきまして誠にありがとうございます。ここでは喘息に関する様々なお役立ち情報をお届けしています。喘息のことで悩んでいる方は是非当サイトをご参考にしてみてください。

 

では喘息(ぜんそく)についてお話をさせていただく前に、この「喘息」という言葉がどうして使われるようになったのかを少しだけお話します。

 

喘息の「喘」というのは、「あえぐ」とも読みます。「息」についてはもちろん「いき」となります。このことからこの「喘息」というのは「喘ぐような呼吸」ということを意味しているのです。中には「ゼーゼー」などと表現するケースもありますが、これについては「喘鳴(ぜんめい)」とも呼ばれており、喘息の典型的とも言える症状なのです。

 

■喘息の種類

ただ単に喘息と言いましても、いろいろと種類がありますので、まず最初は、その分類から簡単にご説明させていただきます。

 

主なものは「小児喘息」「気管支喘息」となります。また、気管支喘息の亜種としましては、「アスピリン喘息」「運動誘発性喘息」「アレルギー性喘息」「咳喘息」というものもあります。

 

一般的に言われている「喘息」において、成人男女によく見られる喘息に関して言いますと、これはほとんどのケースにおきまして「気管支喘息」となります。

 

このように、喘息と言いましても、いろいろな種類があるのですが、一般的には発作が起こるようなことが無ければ、健常者と同様に普通に生活をするケースが殆どであり、深刻なものでは無いと考える人もいることでしょう。

 

しかし、喘息というのは、場合により死に至ってしまうほどの重篤なものも存在しているのです。このことから、喘息の発作が出てしまった時には、速やかに病院に足を運んで医師の診断を受けるようにしてください。

 

■心臓喘息も喘息の一種

その他にも、広義においては「心臓喘息」と呼ばれている喘息も存在しています。

 

これは虚血性心疾患の一つであり、厳密な意味では気管支喘息ということ異なることになりますが、喘息の定義として「ゼーゼー」という呼吸音をするのでしたら、心臓喘息に関しましては、喘息の一種であるということになるのです。

 

心臓喘息は生死に関わってくるケースもありますので、そのまま放っておくことなく適切な治療を受けるようにしてください。

 

当サイトでまずは喘息についての基礎知識を身に付け、最善な方法で喘息を克服していくようにしましょう。